« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月24日(水)神奈川新聞に掲載

昨年12月に誕生した茅ヶ崎ビーチクラブで、ビーチテニス部会を設置http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1002240015/について神奈川新聞で紹介されました。

| | コメント (0)

茅ヶ崎BC 2月21日(日)定例活動開催

5
ビーチテニス参加者集合写真です。


2_2
ビーチテニスはコートを3面張りました。大人気です。


海に入る前にはドジ井坂のパドリンスクールですぞ。
Photo
パドリングが上手くできないと海に入っても何もできない。


ビーサン飛ばしやりました。遊びなんですが・・・・それだけ面白い。
1
いつのまにか皆真剣な顔になっています。


Photo_2
ビーチテニスの高橋さんがビーサン飛ばしに参加です。でも・・・・


2_3
ビーチフラッグスもやりました。

3_2
みんないい顔しています。いろいろなドラマが生まれます。


Photo_3
小学生低学年の部の入賞のみなさんおめでとう。


Photo_4
小学生高学年の部入賞のみなさん。
明治製菓よりカールがプレゼントされました。


Photo_5
女子の部入賞のみなさんおめでとう。


Photo_6
男子大人の部入賞のみなさん。
ごめんなさい!
明治製菓のカールの数が足りなくて、男子の部は表彰状のみでした。

ダッチオーブンの定番は薩摩芋。
1_2
ダッチオーブンの定番は薩摩芋。いつもの薩摩芋が美味しく金色に輝きます。


1_3
ダッチオーブンでピザ焼いてみんなで食べました。
美味しかった。

2月だというの沢山の方が参加下さいました。
Photo_7
ありがとう!
これからもお手伝いよろしくおねがいします。

| | コメント (0)

江ノ島BC 2月20日(土)定例活動。

ノーベル賞で有名になった
「おわんくらげ」
を観察しました。
Photo_2
ミズクラゲとは違うんだね。
放射状のストライプが入っている。


背中まわりがロックされているとサーフィンにはよくありません。
1
ドジ井坂パドリングスクールでは
背中の筋肉を緩める体操から基本動作を始めます。
するとみんなパドリング動作が上手くなる。


1_2
寒い期間は砂浜でトレーニング。
そして初夏には海に入ってサーフィンしましょうね。


フライングビー
という新しいカイトを宮前さんが持ってきてくれました。
Photo_3
ところがこのカイト・・・・
大人気で3月末まで入荷待ちなんだって。
左手にはウクレレもっていますね。


1_3
風が無かったので、紙飛行機飛ばしに(大人が)熱中しました。



江ノ島ビーチクラブの久々の集合写真です。
Photo_4

| | コメント (0)

鴨川BC 2月14日(日)定例活動

明治製菓の方がお手伝いに来てくれて
明治製菓のカールを 自前で買ってきてプレゼントしてくれました。
優しいね。
1_4


テイクオフシートでテイクオフ動作の練習。
Photo_5
理論がわかってくると、みんなで教えっこしています。
「大腿部に裏側に力入ってるね〜」
これじゃテイクオフ動作遅れるわ。


野村さんが集めてくださった、ビーチグラスを使ってクラフトづくり。
Photo_6
お家に飾ってね。


割鞘ジュリちゃん。
無線機を着けて、海岸からドジがコーチングするデモを
ビーチクラブのみなさんに観てもらいました。
Photo_7
ジュリちゃん曰く
「父が使うと私をいじるおもちゃになっちゃう!」
でも効果は絶大なのです。


3411_2
誰よりもテイクオフが速いジュリちゃん。
パドリングの精度を上げると
プロといえどもサーフィンは格段にステップアップするのです。


3885
何でもないノーズライディングもスピードが違います。


最近の鴨川BCはサーフィンのトレーニングで熱気むんむんです。
Photo_8
夏までに基礎練習しっかりやっておきましょうね。
サーフィンがもっともっと楽しくなるからね。

| | コメント (0)

ひらつかBC 2月13日(土)定例活動は中止でした。

| | コメント (0)

羽田BC 2月21日(日)は山王小学校エコフェスタで開催

本日は大森ふるさとの浜辺公園の体験イベントは大森中止。区立山王小学校のエコヘェスタにて開催します。遊びに来てください。

| | コメント (0)

おおいBC 2月13日(土)定例活動はミーティングのみ

朝起きたら雪景色。これではビーチクラブの活動は無理ですね。

Photo_2


Photo_3

徳庄会長と池野さん、猿橋さんと

用意したおしるこをダッジオーブンで暖めて食べました。

ミーティングの結果、
やはり日本海と太平洋側では、環境が違いすぎます。

1月〜3月は
運営ミーティングなどデスクワークのみとし、
4月〜12月を
砂浜や海上での活動にすることにしました。

これも実際にやってみたことで明確になったことです。


40_2


ビーチの隣にあるマリーナ大飯うみんぴあで、
ヨットやボートとビーチクラブのコラボレーションについてミーティング。

ビーチとマリーナが合体した
総合ビーチクラブというのが日本で初めて
関西の福井県おおい町に誕生することになりますね。


Photo_4


帰り隣の高浜の海岸をチェック。
オンショアの膝腰波でした。
天気が良くなって水は綺麗。
でも寒そう。
腹這いサーファーが数十人いましたね。

| | コメント (0)

2月6日(土)逗子ビーチクラブ定例活動

2

設営が終わったら、みんなでビーチコーミング。
朝から参加者は多いです。

21

この日のゴミは、
川からの流入ゴミと海岸で投棄されたものでした。
テトラポットが
多く投げ入れられているため
そのテトラに海草類が育って、それが波でちぎれて海岸に流れ着く。

Photo_6


逗子の真壁会長も、
逗子の砂浜の砂が流出して
戻って来なくなった現状を訴えます。

逗子海岸に
砂浜が戻ってくる砂浜を戻す活動にも
ビーチクラブは行っています。

Photo_8

漂着した海草は、
放置すると分解できずにヘドロ化してしまいます。
そこで逗子BCでは
イーエム菌を散布して、バクテリアの力で海草を分解し、
さらさらな砂浜に戻る様に活動しています。

Photo_9>

北里大学のライフセービング部が逗子BCに研修に来ています。
海水浴しか活動の場のない、
海水浴しか救助訓練経験しかないライフセーバーより、
もっと総合的に
海の遊びやスポーツを自ら体験して
ライフセービングに役立ててください。
頭の中筋肉質のライフセーバー多いからね。

Photo_10

子供のころから地域の大人達と海で遊ぶ経験は、
新たな海遊びの伝承活動です。
子供の頃に経験していないと、
大人になってからでは、どのように子供に体験させたら良いか、
そのやり方がわからないのです。

Photo_11

紙飛行機おじさんとして
渋谷区をはじめ東京都内で有名な柏谷さんは、
毎月時間があれば逗子BCと羽田BCに来て、
紙飛行機を作って子供達を楽しませてくれます。
いつもありがとう

Photo_12

伊東と熱海で
マリンサービスを運営されている光村さん(写真右紺色のジャンパーの方)が
逗子の活動を視察してくださいました。
マリーナとビーチのコラボレーション活動を目指したいですね。

1_2

ダッジオーブン部会は、
数人のお奉行様が運営してくださいます。
ありがたい。

| | コメント (0)

ひらつかBC 2 月12日( 土)定例活動は中止

雨まじりの雪がちらたら。風も強いので、活動は中止します。ひらつかBC谷内

| | コメント (0)

神奈川新聞に掲載

1月29日(金)「海の風と遊ぶ」をテーマにした体験授業が開かれました。
地元の海に親しんでもらおうと、小学校とビーチクラブ事務局が企画。
神奈川新聞に1月30日(土)掲載されました。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »