« 芝浦ASR トレーニング講座 5/14/2009 | トップページ | 下田クリニック 5月20日〜21日  その-2 夕飯と朝食 »

下田クリニック 5月20日〜21日  陸トレから海上トレーニング

予報より波は小さいけれど、こんな波の日でも練習のテーマが明確なら、いろいろな練習ができるのです。
勿論まずは座学と陸トレから始まります。リピート受講生はそれぞれの課題をトレーニングします。
初めての参加者は、まず基本的な動作を一通り練習します。そして一番大切なのがパドリングです。
疲れない、楽で楽しいパドリングの練習は欠かせません。パドリングが上手くなれば、いくらでも波に乗れますからね。
ストレッチとテイクオフ体操から陸トレは始まりました。
520 521_017














バランスキューブを切り株の上に乗せてみると、サイズのある波のテイクオフの感覚がわかるのです。(上右の写真)

520_2 パドリングのストロークがしっかり水平に出来るようになると、上手いサーファーの「2回のパドルでテイクオフできる」基本のパドリングがマスターできます。










520_3 ゴムロープが水平をキープできず、下がってしまうと、前の自己流の間違った筋肉を使った、疲れるパドリングに戻ってしまいます。
脳出血のリハビリにサーフィンを始めた内田さん(一番手前)は、動きにくい左手がどうしても下がってしまいます。左手が機能するためにも頑張って練習しましょう。








それで午後には海上トレーニングが始まります。
520_4 甲斐さんはどんな波にも楽にそしてブレイクする前のうねりからテイクオフできるようになりました。すごい上達です。

520_5











テイクオフ体操の練習しっかりやっている甲斐さんは、どんな波でもボードの上に立ち上がれるようになりました。これも凄いことです。

520_6 幸坂さんテイクオフ体操しっかり練習するようになって、テイクオフ後のライディングの姿勢も良くなりました。基礎ができれば、どんどん上手くなっていくのです。




520_7 波が来ても慌てず両脚を開いて「おへそ」でバランスをとる練習です。バランスを正しくマスターできると、波に乗るのも簡単なのです。実際に初めてサーフィンする本多さんは、陸上トレーニング後、午後には自力で波に乗れるようになりました。

【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

|

« 芝浦ASR トレーニング講座 5/14/2009 | トップページ | 下田クリニック 5月20日〜21日  その-2 夕飯と朝食 »

1泊2日のサーフィンクリニック」カテゴリの記事

コメント

ドジさん、ご無沙汰してます。大昔、私がサーフインライフ社の広告のデザイナーとして出入りしていた頃に、何度か、お話聞かせて頂いた事があります。サーフ歴も30年を越えているのですが、昨年暮れ、くも膜下出血で倒れ現在も入院中です。後遺症で左半側空間無視、左半身失認、失行となり、歩くのも介助の手が、どうにか波乗りリハビリしたくて検索中、貴殿の記事に辿り付きました。少し望みが湧いてきました。ありがとう。

投稿: magnum yoda | 2009年10月31日 (土) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芝浦ASR トレーニング講座 5/14/2009 | トップページ | 下田クリニック 5月20日〜21日  その-2 夕飯と朝食 »