夜のトレーニング講座

夜のトレーニング講座・ASR芝浦 11月12日

Asr_2

スーツ姿の参加者は、これからTシャツに着替えます。



Photo_6

トレーニングアドバイザーのASRスタッフの有田君と小島さんに正しいやり方と間違ったやり方のデモしていただきました。



Asr_3

トレーニングした成果を海に行って出すゾ!

| | コメント (0)

トレーニング講座 9月6日(日)ムラサキスポーツ浜松志都呂店

| | コメント (0)

芝浦ASR トレーニング講座 5/14/2009

今回は以前クリニックを受けた梅ちゃんとその彼女とASRスタッフの畑くんとトレーニングしました。
梅ちゃんの彼女はこれからサーフィンを始めるところなのです。
このドジ井坂のニューサーフスクールで、サーフィンの理論を理解し、正しいやり方をマスターしてしまえば、
多くの自己流の間違ったやり方で苦労しているサーファーより楽にサーフィンをマスターできるのです。
やはりパドリングが重要なトレーニングのテーマです。パドリングが出来ないということは、
足や脚の使い方がわからなくて陸上を自由に歩けない状態なのです。
1)パドリングは、肘を肩と水平かそれ以上高く上げてストロークする。詳細はトレーニング講座で!

Photo_7 Photo_8










左の写真の黒いTシャツの畑くんは肘が下がっています。これが肩の三角筋が疲れる進まないパドリング。
右の写真の黒いTシャツの梅ちゃんの彼女は肘がきれいに上がっています。この肘の動きが背中の筋肉を使う疲れないパドル。
パドリングトレーニングキットのゴムロープが下がると肘が下がっている状態で、パドリングキットのゴムロープは、水平に進むので上下しません。緑色のTシャツの梅ちゃんは、自己流の肩の三角筋を使ってパドルする悪い癖が抜けずに苦戦しています。

彼女に良いお手本みせられるようにならなくちゃ。

Photo_15 Photo_12Photo_17

手のひらで押し出すようにゆっくりパドルする。ニューサーフスクールの理論をりかいすれば、後半のパドルが大切なのが大切なのがわかる。

ところが、下の写真のように、梅ちゃんが手を前に出すと肘が下がってしまう。それはどうしても三角筋を使いたい自己流の昔からの癖の仕業。これは肘を上げる、そして指先などアウターマッスルの力を抜くトレーニングして直すしかないでしょうね。

Photo_18 Photo_22

彼女は理論とトレーニングを先に理解したから、

これから梅ちゃんの良いコーチになると思う。

Photo_23

梅ちゃんの彼女はASRの有田くんのボードの説明にも熱心に聞いていました。サーフボード買う気になったのかな?割引サービス券ももらって・・・・

 

【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

| | コメント (0)

アロハフライデイ  トレーニング講座 5/5/2009

アロハフライデイのトレーニング講座は、毎月第一日曜日の翌々日の火曜日に開催しています。
参加者はどんどん増えていますし、継続して受講される方はアシスタントコーチの役割も果たしてくれています。
理論がわかれば、間違ったこと他のサーファーに伝えることはありませんからね。
_011 _018 _013











テイクオフシートを初めて体験した方は、手を置く位置にびっくりします。本能では肩の横や脇の下あたりが自然だからです。
でもそれは人間が硬い地面から立ち上がろうとするとき、ころんで頭を怪我しないように保護する手の位置なのです。
サーフィンのバランスは、バランスキューブに乗ってみればわかるように、おへその横あたりが前後のバランスの中心なのです。
つまり、サーフィンのためには本能に逆らって、このおへその横あたりに両手を置くと、波にも突っ込まないし、テイクオフ体操の練習をしっかりやれば、上半身を起こすときも肩に力が入らず、おへそバランスで起き上がることができるようになるのです。
受講すればわかりますよ。

【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

|

ショックウエイブ豊橋店 トレーニング講座 5/4/2009

毎月第一日曜日の翌日(月曜日)に、ショックウエイブ豊橋店でトレーニング講座を開催しています。関西から参加する方もいらっしゃいます。この日は三重からの参加者もいました。
まず座学でいろいろなサーフィン理論を解説していると、やはりパドリングの重要性を認識されます。ニューサーフスクールでは、疲れない楽しめるパドリングを目指したトレーニングを実践しています。
この講座を受講すると、皆さんパドリングが楽に出来るようになった、疲れなくなったといいます。
0004 _0011















【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

|

ムラサキスポーツ志都呂店 トレーニング講座 5/3/2009

毎月第一日曜日の夜は、ムラサキスポーツ志都呂店で夜のトレーニング講座やっています。
まず、カルテに記入していただいて、座学が約一時間あります。でもこれがとても大切で、ドジ井坂が提唱する
ニューサーフスクールの考え方とサーフィンの基本理論が少しずつ理解できると、すぐにでも練習したくなっちゃいます。
参加者同士が理論を元にお互いに練習のアドバイスもできるのです。自分のことはなかなかチェックできませんからね。
Photo

トレーニングスペースを準備するまでの間も、パドリングの水平にストロークする
練習が始まりました。パドリングの理論がわかると、パドリングの後半が重要なのがわかってきます。後半の筋力を補強しないと、パドリングは上手くなりませんよ。

榊原くんのテイクオフ体操左は×右が○、その理由は右の体勢の方が腰が低く前に出て体重がボードに乗り加速しやすいから。実際に、その後の海上トレーニングで、榊原くんの失速の原因がこの姿勢にあったことが判明した。

2 Photo_2






















Photo_3

【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

|

ラニマーケットでトレーニング講座(1/19)やりました。

横浜ベイサイドマリーナにあるラニマーケットでトレーニング講座やりました。    Photo
参加者2名が風邪でダウン。ラッキーなマンツーマンの講座になったのがOくん。
パドリングが遅いのが悩みのOくんに、徹底的なパドリングの基本理論と
動作フォームを2時間たっぷり講義しました。
2月の鴨川の海上トレーニングに参加予定で、それまでに陸トレで成果を
上げることができるのか楽しみです。頑張って!
今回のトレーニング方法の一部をご紹介しましょう。
1)パドリングは肘を高く水面から上げて、背中の筋肉を使うこと。
 三角筋を使ってはいけません。その理由は講座を受けて下さいね。
3




2)床から20センチ程度の高さ(布団の三つ折り)で、肘を上げて
大きなストロークでパドルします。リズムは1234の4段階。
 細かい練習方法については講座を受けて下さいね。
2

この写真は悪い例です。このフォームだといくらパドルしても余計な力が入るだけで前に進みませんね。
女の子に抜かれちゃう状態です。

【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝浦ASR で1月15日(木)トレーング講座やりました。

芝浦のASR の店の中で一生懸命身体動かして、  Asr
汗だくになっている集団がありました。

サーフィンの理論とトレーニング方法について
2時間インドアで練習するプログラム
ドジ井坂の夜のトレーニング講座です。
この夜は、カップルが多く、2人一組になって
いろいろなトレーニングを実践してみました。
一度には覚えられないほどトレーニング内容が豊富なので、
これから夏までに少し通って夏までに
上手くなっちゃいましょうね。

参加者にはASR芝浦店から特別サービス券が提供されました。Asr_2
しっかり陸トレして、サーフィン上手くなって、もっと良いボード
をASR で買えるようにガンガン練習しましょうね。

でも一番熱心に練習していたのは、ASRスタッフの有田くん。
こんどASRを尋ねたら、有田くんに、トレーニング講座の内容を
聞いてみてください。これから何回か受講すれば有田くんも
インストラクター助手にはなれるでしょう。
Photo_5 Asr_3











しばらく陸トレやったら、海上トレーニングでさらにテクニックの精度を上げてください。

受講されたみなさん、受講の感想をメール下さいね。

| | コメント (0)

ムラサキスポーツ志都呂店 のトレーニング講座01/04/2009

浜松のムラサキスポーツ志都呂店のトレーニング講座から、2009年のビーチスクール活動は始まりました。
参加者は12月にも受講した水谷夫妻に、三重の桑名から来てくれた浦野さん。
水谷さんの奥様は専属のコーチみたい。ご主人への愛のこもったトレーニングしっかりやっていました。
Photo_3
Photo_4 Photo_5 「手のひらでパドリングする」のが、
最新トレーニング講座の注目ネタ。
ストロークの最後にしっかり腕を伸ばし、
一度止める感じでゆっくりストロークすると
疲れないパドリング、直進性のあるパドリング
が出来るようになるのです。

一度トレーニング講座で練習方法を
体験してみてください。

| | コメント (0)

トレーニング講座スタッフ募集!

2_4 ドジ井坂は、サーフィンの基本理論
とトレーニングを正しく理解して、
サーフィンを楽しみながら
上手くなってもらえるように、ここ数年は
サーフィン理論の研究、
トレーニング方法の開発を行ってきました。
しかし、トレーニング講座もドジ井坂一人では
対応できないほど盛況になり、アシスタントが必要な状況です。
そこでトレーニング講座の理論とトレーニング方法を理解する
スタッフを募集することになりました。サーフィンの上手い下手は関係ありませんからね。
サーフィンの理論やトレーニング方法を正しく理解して、
みなさんに伝えられれば良いのです。
話すことをトレーニングしていない、ボキャブラリーの少ない
プロサーファーより正確に伝えられると思うのです。
サーフィンのテクニックだけでなく、プロならば話し方のトレーニングを
積んで、サーフィンを普及していくための、
本物のプロになってほしいと思うのです。
しかし、日本の海の環境では、サーフィンやるのが精一杯なのかな。
マナーも言葉遣いもレベルの低い子供達がこれからも、
プロになっちゃうのかな。先輩としての独り言です。
なんとかサーフィン界がもう少し社会的に認められるような環境作りのためには、
一般サーファーの協力が必要なのです。
96131
今後も、六本木のクラブ「エッジ」
のトレーニング講座では、
サーフィン経験者また興味
のあるグラビアアイドルが、
講座のアシスタントを勤めます。
僕が責任を持ってトレーニングしますから。
トレーニングしながらアイドル達との
サーフィン談義も楽しんでください。
遊びなんだから、楽しいイベント
の方が良いでしょう?
クラブ「エッジ」では来年から定期的に
講座を実施する予定です。
そこで先日のクラブエッジのイベントで、
アシスタントを務めてくれた「さつきちひろ」
サーフィン未経験ながらやる気十分の「松山友紀」
の二人が参加して第一回の研修を行いました。
写真見るとさすがグラビアアイドルだね。目線が・・・・・
それにポーズが・・・・、
もう一度水着で撮影したほうが良いかもね・・・
このトレーニング研修の様子は、サーフィン雑誌にも掲載予定です。
ドジ井坂のサーフィン理論とトレーニングを広く普及していくために
一般サーファーからもスタッフを募集します。
問い合わせは  info@beachschool.com まで。

482624795

 

| | コメント (1)