ワンデイ クリニック

豊橋ワンデイクリニック 1月4日(月)5日(火)に開催

豊橋でのワンデイクリニックが始まります。内容の濃い練習でどんどんステップアップしちゃいましょう。

Photo

Photo_2

| | コメント (0)

海上トレーニング9月7日(日) 田原海岸

スープの波でテイクオフ動作の基本をしっかり練習しました。

09072009 972009_2

|

5月の豊橋ツア 5月5日(火)クリニック  その2

サーフィンクリニックの僕のページ(5月10日発売号)に登場した小袖くんのシークエンスです。以前より前足体重を意識するようになりましたが、写真で見るとまだまだ後足体重になっています。このシークエンスでも中級者からみれば「上手い」ライディングかもしれませんが、3級そしてプロを目指すには、まだまだ基礎筋力や基本動作をもっともっとシビアにチェックして改良しないと、上手くなりませんね。
_2635_3 _2634_3 _2633_3 _2632_3 _2631_3









大野くんは、定期的にトレーニング講座に通った効果でしょう。パドリング2回のストロークでテイクオフできるよになりました。
ターンになると力んでしまうところ直しましょうね。バランススティックの練習で中心をしっかり意識して、真っ直ぐ進こと、加速することだけ考えていれば、余計な力が抜けてスピードあるターンが出来ますから。
_0814 _0815 _0816 _0817










榊原くんの彼女、加藤さんはボディボーダーでした、でもこの日サーフィンデビューしちゃいました。
もう少し基礎練習(テイクオフ体操)すれば、今度海に入って、2回目のサーフィンで、
どんな波でも立ち上がってライディングできそう。

_2172 _2175

【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

|

5月の豊橋ツア 5月5日(火)クリニック

朝から雨が降っていたので、まず海上トレーニングをしてから、昼食後ライディングチェックして、午後はトレーニングルームで
それぞれの課題をトレーニングで修正しました。間違った筋肉を使っていたのでは上手くなりません。正しい動作や姿勢に必要な筋肉を補強しなければ、上手くできるようにはならないのです。_1691
_2128
テイクオフの腰の位置が、左の写真は高く
浮いてボードに体重が伝わらない。右の写真は腰が中心の「おへそ」よりテール寄りに下がってしまい失速してしまう。
テイクオフシートでこの腰の位置を正しい位置に修正するトレーニングが必要ですね。











_003 皆でライディングをチェックします。座学で理論がわかっているので、それぞれが意見を言い合います。そしてお互い共通の課題がある同志が一緒にトレーニングをすることで、一人では考えられなかった様々な効果が出てきています。








_009 海から上がったら、その日のサーフィンをチェックして課題を見つける。
そしてみんなでトレーニイング。他のスポーツでは当たり前のことが、これまでのサーフィン業界では行われていなかった。スポーツというより、ファッションとして「サーフィン」をとらえているショップが多いということなのでしょうか。
みんなでトレーニング出来る場所を確保するためにも、
是非みなさんが参加してトレーニングルームを各地に作りませんか?




【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

|

5月の豊橋ツア 5月4日(月)クリニック パドリングの陸トレ

サーフィンが上手くなるには、海上を自由自在に走り回れるパドリング能力が欠かせません。ニューサーフスクールでは、
余計な筋肉を使わない、正しい疲れないパドリングのトレーニングを徹底的に行います。
この日は事務机をボード代わりに、ニューサーフスクールのパドリングトレーングキットを使って、
大きく最後まで水平にストロークする練習しました。
江崎君にお手本パドルをやってもらいました。上手いサーファーは必要以上に上半身を反りません。
勿論大腿部に余計な力が入りません。あくまでバランスの中心は「おへそ」なのですから。
そして、大きなストロークでゆっくりパドルした方が、ボードは楽に進むのです。

071














賢いパドリングは、前半より後半が重要なことを知っています。歩くときも走るときも足を前に出すことより、自分の身体を前に進めるようにするはずです。手を前に出すパドリングは赤ちゃんのハイハイパドリングでなかなか進みません。
パドリングキットのゴムロープが常に水平になるように(上下にずれるのは力分散します)ストロークします。
そして肩より肘を高い位置でパドルすると、全体の筋肉を有効に使う、楽に走れるジョギングの様なパドルになるのです。
参加者はこのニューサーフスクールのパドリング理論に、サーフィンのあらたな楽しみを見いだすのです。
1_080 2081 3082

【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

| | コメント (0)

5月の豊橋ツア 5月4日(月)クリニック 江崎君のストレッチ

豊橋クリニックは、恒例になりました江崎秀映くんのストレッチ講座からスタートしました。江崎君は努力の人でした。
硬い身体ではサーフィンには向かないと、毎日20〜30分ストレッチを欠かさず、現在の柔らかい身体に改造したのです。
他のクリニック参加者は、江崎君を見習ってください。ストレッチしてそして江崎君を抜くようなサーファーになってください。

江崎君のストレッチ講座の写真です。日々のトレーニングで身体はめちゃ柔らかい江崎君です。
010 011 015_2
051





















ストレッチの後のテイクオフ体操はスムースになります。海に入っても身体が良く動くのです。ニューサーフスクールでストレッチしましょう。

051_2











041_2

【クリニック・講座に参加したい!キットが欲しい!】

ドジ井坂のトレーニングキットの詳細はコチラから

サーフィンクリニックトレーニング講座もご覧ください。

| | コメント (0)